▲ 英ゴリラの読書:Sasanono promenade:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
 ▲ 英ゴリラの読書 ブログトップ
前の1件 | -

英ゴリ本 056 - 後半 [ ▲ 英ゴリラの読書]

 
English Fairy Tales (Dover Children's Classics)English Fairy Tales
7. Nix Nought Nothing
-----------------------------------
by Anonymous
collected by Joseph Jacobs

[First published 1890]



さて、後半ですが...


壮絶な愛の逃避行の末、2人は、
Nix Nought Nothing の両親が暮らす城の近くまで逃げて
まいりました。
疲れ果てて歩けなくなってしまった巨人の娘を休ませ、
Nix Nought Nothing は1人で、今晩の寝屋を探しに行き、
1軒の家に声をかけます。 ... が、な... なんと、
身代わりで息子を殺された女中の家でした。[どんっ(衝撃)]

そして、女中の呪いで、眠ってしまいます。[眠い(睡眠)]

王様と妃は、なんとか、息子の目を覚まさせようとします
が、... できません。それで、目覚めさせることができたら、
それが誰でも「王子の妻」にするという御触れを出します。

身代わりで息子を殺された庭師には、娘がいました。
彼女は、呪いをかけた女中から、呪いを解く呪文を聞き、
それをちょっとだけ歌い、Nix Nought Nothing をちょっと
だけ起こしてみせます。
王様と妃は、庭師の娘を「王子の妻」とすることを約束します。

庭師は、娘が王子と結婚することが気に入らなかった。
王子を探していた巨人の娘を、城に連れて行きます。
でも、巨人の娘は呪いを解くことができず、嘆きます。
その嘆きを耳にした王様と妃は、驚いて、事情を聞き、
息子が再び眠りについていることを知ります。[眠い(睡眠)]

庭師の娘に呪いを解く呪文を歌わせて
目覚めた息子から、巨人の娘が命の恩人だと聞きます。
巨人の娘は、感謝され、王子との結婚が約束されます。
呪いをかけた女中は、死刑にされます。
そして、王様一家は幸せに暮らしたとさ...


すごく不条理な話ですよね...
庭師の娘との結婚の約束は、どうなったのか?
女中や庭師の息子を犠牲にした償いは、なされたのか?
女中の行いに情状酌量は、ないのか?

息子を愛して、他人の息子を次々と犠牲にした王様と妃
恋人を愛して、父親を無残に殺した巨人の娘
なぜ、こんな彼らだけが、幸せになるのか?

もしかしたら、Nix Nought Nothing 「無 無 無」は、
権力による横暴の時代のシンボルなのかも知れません...
なぜなら、王様一家の幸せの陰で、幾つも「無」に
扱われたものがあるからです。

庶民の生命や人生は Nix
庶民との約束も Nought
結局、庶民の心も Nothing

あるいは、
女中の息子の生命は Nix
庭師の息子の生命も Nought
息子を愛した女中の生命も Nothing

この話の前半で、巨人は王様に言いました。
"Give me Nix Nought Nothing"

巨人にとっては、
人質である王子を失い、 Nix
娘が王子と逃げて、 Nought
挙句に自分は娘に殺され、Nothing
... う~ん、巨人は、確かに3つの「無」を貰ってしまった
みたいな気がします。
ある意味、巨人との約束は果たされたのかも...


タグ:英語 読書 洋書
nice!(14)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の1件 | -  ▲ 英ゴリラの読書 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。